人気ブログランキング |
<   2005年 03月 ( 24 )   > この月の画像一覧
夜の野獣
ライブを観に行ったけど、あまり理解できなかった。
夜の野獣、ドラムの人は60超えるおじいちゃんだけども、元気、
叩きまくりなのは確かだった。さらに、フロアでは踊ってたし、子供っぽくて素敵だった。
ギターの人は腹の出た、おじさんだった。
実験的な、即興音楽は難しい。演奏している方は楽しいんだろうけど。
夜の野獣+nutronのexpe、ドラムのshinkichi言う人とのセッションが
始まる頃には、僕自身、すごく酔っていて気持ちが良かった。
正直、その音楽が良かったのかどうかわからない。
酔っていたから良かったのかもしれない。
ただ、夜の野獣単独よりも、グルーブ感があって
踊れるようなものだった。
旅行をした時の体験が頭をぐるぐる回っていて、
よし、もし行けるなら今年は旅行に出ないと、とか思ったりした。
だらだらと続くループが僕にはちょうど良かった。

クラブでは高校が同じの女の子を見かけた。
何度か飲み会で話したことはあるけど、名前が思い出せなかった。
大学卒業後は京都の西陣織の職人さんに弟子入りする、と言ってたような。
名前が思い出せないので、話し掛けることはなかった。

今回のライブで気づいたことは、
ある程度の音楽と、ある程度の酒と、ある程度の体験、があれば、
とても大きな一時的な幸福感を味わえるということだ。
by show_muryama | 2005-03-31 03:10 | 音楽
まるまったまま
いちにち
まるまったまま
ある人にとっては有意義である人には無意味
音を触るのは面白かった
繰り返しを聞いて
最後には結局音数が増えるだけだけど
それが最も良いといつもおもう
by show_muryama | 2005-03-29 00:41 | 雑記
5とうもろこし界の取締役
b0055344_1441524.jpg
とうもろこし界の代表取締役3名
コさん・一さん・ソさん
「我々は、一粒一粒が一社員ではなく一経営者である。
仕事は自らつくるべきで、与えられるべきでない。
大きな仕事と取り組め、小さな仕事はおのれの粒を小さくする。」
コーン鬼十則より抜粋。
by show_muryama | 2005-03-28 01:57 | 創作キャラクター
4パーン
b0055344_0255918.jpg
食べようとしたら爆発するおちゃめな食パン。
害はないけど、驚かすことに関しては一級である。
by show_muryama | 2005-03-26 00:35 | 創作キャラクター
ひどいなあ
こんな時間に。夜中か。理性はある。ノートにはキャラクターを描いた。なかなかの作品も一つできた。色をつけるとどうなるか楽しみだ。キャラクターには自然と自分の思いが入っていくようだ。何らかの意味が、描き進めるとついてくる。どんなに他人から痛いと思われようとも、僕は描き続けるだろう。描かないより描くほうがましだ。失敗を恐れないということは前進に繋がる。相対的に考える。僕は自分より不幸な人のことを考える。いくらでも存在する。そういう時に、何をするか。前を見るしかないのである。
by show_muryama | 2005-03-25 04:22 | 雑記
寒いが汗をかく
今日はとても寒かった。
雨の中、傘をさし自転車を漕いだ。
川沿いの道を避けて、車の通る道を選ぶ。
川沿いの道は晴れた日に通るならば、のんびりとして気持ちがいいけど
雨の日は、延々と続く川沿いの道にうんざりしそうなので、やめた。
それは、正解だった。あまり通らない道なので新鮮だったのだ。
なまった身体を動かし、おそらく読まないだろう文庫本をブックオフで買い、
雨の止んだ川沿いの道を黙々と漕いだ。
天気も、道の選択も良かったのだけど、
あまりにも淡々としている。
酒でも飲もうか。
by show_muryama | 2005-03-25 01:13 | 雑記
3ピンクリボン群
b0055344_15405968.jpg
ゆうゆうと空を舞うリボンたち、彼女達に迷いはない。
現代の若者の迷妄とは程遠く、彼女達は雲をするするとすり抜ける。
他のリボンと結ばれることはないが、一体感を持っている。
by show_muryama | 2005-03-23 15:47 | 創作キャラクター
またゆらゆら
すっくと立ち上がったつもりが、
足は浮いていた。
ちょっとした言葉に吹き飛ばされるのだ。
目の痒みから、ごしごしとこすり、
見えないふりをしようとする。
見えないなんてことはできないのに。
一曲だけ聞いて、それでまた再開しようとか
意気込んだら、少しは助走になった。
どういうことが奮起に繋がり、どういうことが霧になるのか、
さっぱりわからないけど、
あたかも姿勢が正しいようにすることが、正しいようである。
by show_muryama | 2005-03-22 21:35 | 雑記
2テ・ヨンくん
b0055344_0483850.jpg
ネーミングは偶然にも韓国風になった。
人間の手の指の中で、最も不要な指は薬指である、という教授との話の中から
着想を得て、思いついた。
指は4本であり、
4という、縁起の悪いとされる数字なのだが、
テ・ヨンくんの表情は、幸せ一杯。
4のイメージを一新させるヨンくんである。
by show_muryama | 2005-03-21 01:00 | 創作キャラクター
卒業できた
無事、大学を卒業することが出来た。
感慨は沸かない。
それは寂しいことだけど、大学外ではまあ「それなりに」過ごした。

卒業式終わったあと、センセイというあだ名のゼミ友達と研究室に行って
教授と一緒に、ビールを飲みながら、お話をする。
進路の話もしたけど、ライブドアやマイクロソフトの話に熱が入ってた。
教授のお話はいつも面白い。
きっとまた会いに行くだろう。
by show_muryama | 2005-03-21 00:43 | 雑記