歩き方
小さい頃、弟とおじいちゃんに連れられて天王寺動物園に行き、ジャンジャン横丁を歩き
通天閣に上った事をよく覚えている。特にジャンジャン横丁の印象が強かった。
そのネーミングと通りの猥雑さに惹きつけられていたような気がする。
今日はふと思い立ち、ジャンジャン横丁を歩いてきた。
高架下を抜けると、通りが一変する。子どもの頃、それは、どきどきした瞬間だった。
子どもの頃、ここに来たことを強く思い出し、感慨に耽った。
この通りについて今思うことは、もっと汚くあってほしかった。自分の中のイメージ
であってほしいだけだ。ただ、囲碁、将棋、マージャンの店の盛況ぶりは素敵だった。

この話に発展はない。

歩き方
夕刊に、あるライターが言うに、右足と右腕、左足と左腕を同時に動かして歩くと
身体のねじれがないので疲れにくい、早く歩ける、と書いてあった。
江戸時代の人はこの歩き方だったそうな。
本当か教えて欲しい。
[PR]
by show_muryama | 2004-11-05 00:45 | 雑記
<< パターン 一応でいいのかわからないけど >>



日々の雑記
by 近々金玉