いつかの先輩
2,3回しか会ったことのない先輩だったが、
自殺していたとのこと。
前に書いた、全身が刺青ありで薬はつぶして、
吸収しやすい鼻の粘膜から服用される方。
思い出せるのは、寂しそうな人だった、ということだ。

何が書きたかったのかというと、
人の生きて来た全てが、その人の顔に全て表されている
と思うということだ。
上に書いたことと、どう繋がっているかさっぱりわからない。
このような脈絡のない思考をし、こま切れの言葉をよく出す。
いちいち自分の言葉がどういう意味で使われているのかを
後で考える必要があるのだ。
[PR]
by show_muryama | 2006-03-30 00:22 | 雑記
<< 中学の友人 小説買った >>