小説買った
会社の帰りに、格好つけて、何かビジネス書でも買おうかと思ったけど、
買ったとしても読まないことに気付き、思い切って小説にした。
小説もずっと読んでいないし、自分でもびっくりした。
平積みにされてた怪奇小説傑作集2(この本の新版を買った880円もした!)
2編ほど読んで、トヨテツさんの短編を読んでいるような気分になり、
腹の底から力が抜けた感じがした。
これが読みたかったのだと思った。
家に帰って読み進めるほどのものではなく、
会社からの帰りに読むのだろうと思う。
バスの中で物思いに耽り、現代の社会というものは、、、
と考えたことなどない。
[PR]
by show_muryama | 2006-03-28 00:36 | 読書・映画
<< いつかの先輩 アトピーの脅威 >>