実験人間ダミー・オスカー
帰りの電車にて隣に座ってるおじさんが
薄汚い「実験人間ダミー・オスカー」
を数ページ内容を確認してから、一ページずつ破りとっていった。
意味がわからない行為だったので、興味深く横見し続けた。
降りる駅に着く頃には、満足したようにとんとんと高さを整えて
鞄にしまってた。
横見していると、ほとんどが濡れ場に見えたが、
濡れ場を編集しようとしていたのだろうか。
そうだとしたら素晴らしい。
それか他の漫画のコマと一緒に編集して新しい漫画を作る芸術家
だったのかもしれない。
濡れ場編集の方がいいなあ。

強烈な印象を与えられたので、帰って検索したら、
面白そうな漫画だった。
[PR]
by show_muryama | 2006-03-09 23:52 | 読書・映画
<< 新しい人 前に見たことある顔 >>