流れる人
スーツ1万円二着目3千円というちらしにより、
スーツを買いに出た。倉庫の在庫処分らしい。
この前買った2着で回してたのだが、
夏には心もとないということで、買いに行った。
人がいっぱい居た。
店内では店員は大きな声出してた。
店内といっても既製服団地なので、倉庫みたいなものだ。
天井には、スーツが掛けれるようにパイプが張り巡らされてて
ハンガーをそこに掛けられる。
私は裾直しのために長い列に並ぶ。
ずらとパイプに沿って列になっているのだが、
人がパイプに掛けられてるような感覚になる。
前に並ぶ夫婦が、全然すすまへんなどうなってるん、みたいなことを
話していたが、本当に無駄なことを話す人だと思った。
私は堂々と流れてた。
[PR]
by show_muryama | 2005-07-09 16:02 | 雑記
<< 空気といろいろ 頭がおもりに >>