ゴッホ展
昨日、ゴッホ展へ行ってきた。
美術館に行くなど何年ぶりか。

土曜とあって、すごい人の数、美術館の意味がなくなってた。
それは仕方ない。
作品は、中期から鮮やかな色になり始めた辺りが良かった。
というより、そういうタッチのやつしか見たことなかった。
「種まく人」がすごかった。
ごてごてしいのに、広がりつづけているのだ。
ゴッホにとって、景色はこんな色をしてるのか。
僕はゴッホの描くような果てしない景色に感動できる方なので、
おどろおどろしく、鮮やかな美しさにうなずいた。
刺激を受けたので、
景色をもっと膨らませて見て、
日常を鮮やかな景色にしよう。
これはたぶん逃避ではない。

そして、しりあがり先生は毎週素晴らしい文章です。
丘の上で光合成したい先見日記
[PR]
by show_muryama | 2005-06-26 21:24 | 雑記
<< 三人目の人さようなら ミュージカルバトン >>