ほたるはまだだった
そろそろほたるの出る時期なので、
昨夜、ひとり公園へ自転車を走らせた。
途中まで漕いで、
電灯がなくなった辺りで恐くなって、
先に進めなくなった。
真っ暗な道の先は、例の、出る、という場所だということに気付くと
ますます動けなくなった。あの闇はほんとに恐い。
引き戻し、逆周りで目的地へ行くことにした。
着いて、見渡すが、光は見えず。一週間早かったらしい。
とても好きな冷やっとした風を浴びながら、
暗闇に一人居た。
爽快だった、愉快だった。
闇は居心地がいいものだ。

来週晴れたらほたるが見れるよ。
by show_muryama | 2005-06-14 00:02 | 雑記
<< やってきそう 楽しくもない >>