人気ブログランキング |
こきょう
人生の多くを育った町に帰り、あたたかいふとんで寝る。
火花という本が置いてあり、テレビは流れ続ける。

ハム速やはちま寄稿、ねとらぼなど見るが、すぐ終わり、
Googleplayでゲーム探すが、すぐ飽きる。

そして

もうちょっとyoutubeでクレイジージャーニーか、浮かび上がる音楽でも聞いて、
時間を待つ。

こんなやることのない時に見えるのだけど、
からだはしっかりと主張して、自然のままに動き、ゆっくりと溶けるようにする。

家族の揺れに巻き込まれながら、
流れを見ながら。

by show_muryama | 2015-10-24 08:43 | 生活者
<< 出発のため 北海道の終わりの日に >>