地震の夢
地震に関する夢を一夜に二つ見たので、記しておこう。

一つ目は、なぜか分糞の家に、友達3人と居て(そこまでの経緯は思い出せない、
分糞が居たかも定かでない)大きな地震に会った。
ものすごく揺れの大きい地震で家はぐらんぐらん振り子のように揺れて、
しまいには崩れるであろうくらい揺れる。
崩れる、と悟ったとき、みんな窓のガラスに体当たりして窓を割り、外に脱出する。
窓を開けている暇もなかったのだ。
脱出したけどガラスがたくさん身体に刺さって痛い、そして動けない。
隣に居る友達もガラスがたくさん刺さって身動き一つしていなかった。
助けを求めて叫んだのを覚えている。なかなか助けが来ないので
痛みが激しくなり、痛いと叫んだのも覚えている。
悲惨な夢だった。

二つめは、自分が中学生か高校生の3年生で、学校の教室に居た。
ちなみにその学校は僕の母校の小学校だった。
突然地震がやってくる。これもまた、特大の地震だった。
でも、学校は大きく頑丈にできてるだろうと思い、まあ大丈夫だろうと考えていた
。僕は教室の入口のドアのわくをしっかりつかんで身体を支えた。教室を見ると、
いすの上に立って身体を支えている女の子がいて不思議に思ったが、
僕は、危ない、と注意を促した。
地震はほどなく止み、何事もなかったように日常に戻った。
でも、クラスが学園祭の時のような団結を見せ始めるようになった。
しまいには、クラスの金髪の女の子が、今度一年生紹介したいから
合コンしようよ、というような話をするまでに至った。
一年生はちょっと・・・と思いながらも嬉しかった。
楽しい夢だった。

まさか今朝インドネシアで起こった地震と関係があるかも、
とは考えられない夢だった。
[PR]
by show_muryama | 2005-02-19 18:35 | 夢の記録
<< 書くのは気分 中原昌也 >>



日々の雑記
by 近々金玉