卒論終了
無事に、卒論提出。

本論に、質問紙などの資料を付け加えたら
あたかも卒論と呼べそうな分厚さになったので
嬉しくなった。

卒論は、自分の研究したいことだから
みな好きなように書いているのかもしれないが、
僕も後半部分ちょっとふざけたことを真剣に書いた。
中身が薄っぺらいのだからユーモアを加えたのだ。

それは、無目的に無意味綴りのネーミングを考えて
できた単語がどんな印象を与えるかということを
検討してみたのだ。

今新たにやってみると、「ミョルノルミ」まず思い浮かべるのは
サインカーブ曲線のにょろっとした形状、柔らかい質感である。
そして、どことなくかわいさを漂わせている。
これらから、ミミズのグロテスクさをなくした
かわいい軟体動物と解釈する。
車好きが検討するなら、ルノが入っているから
ルノーを連想させ車の名前としてしまうだろう。など
[PR]
by show_muryama | 2005-01-12 02:16 | 雑記
<< おつかい ひとりぐらしするなら >>



日々の雑記
by 近々金玉