人間を舐めるな、と言いたい
卒論を調子良く打ち込んでいたら、突然、ワードに強制終了させられた。舐められたものだ。調子が乗って来るにつれて酒の量も増し、酩酊していたから仕方ない、と言われれば、ふざけれなと言いたい。あれだけ進んだのに、ぶち壊された。そう、これはまぎれもない愚痴である。酒に身を任せて卒論を進めていたので、再び文章を書けるのか心配になる。たまには酒に頼ってもいいよね。自制心を取り除き、少しでも自分の本心を表現できたなら、それでいいではないか。それなのに、ほんの一言、「不正な処理をしたため強制終了する」なんてあんまりだ。
[PR]
by show_muryama | 2005-01-08 05:02
<< ボールになる 本当の書こうとしていたこと今思い出す >>