ビラ配り
昨日・今日とビラ配りのバイトをしてきた。
マンションの広告だったけど、カレンダーと銘うっているので
けっこう取ってくれる。「どうぞ」と言って渡そうとするよりも、
「カレンダーよかったらどうぞ」と言えば、二倍くらいとってくれる。
ビラ配りって、こんなに取って貰えるのかと思い、驚いた。

今日は、あるおばあちゃんにビラを渡したところ、会話が生まれた。
つまり、おばあちゃんに捕まったのである。
「このマンションって始めに払うお金は安いけど、月払うお金は高いんよね。」
というような、僕のよくわからない話から入り、適当に「そうなんですよ。」とか言って
たら、税金は10%に上がるとか、太田知事は月600万?の給料というのを私は知ってる!
とか、お金の話を熱心にし始めた。
来た来た!僕は、にやけながら話を聞いていた。
てんで面白くないビラ配りをしている途中に、こういうイベントは
楽しいものだ。うなずき続けて30分たった。
おばあちゃんは、子供がいないという。
なぜかというと、自分は頭よくないし、夫も一流大学出ではないから
子供が出来たとしたら、ばかな子ができる、それなら産まない方がいいと言い張るのだ。
子供は投資して塾に通わせ、いい大学に通わせ、公務員にさせることが一番いいとも
言い張る。
悲しまなければならない。
[PR]
by show_muryama | 2004-11-21 20:43 | 雑記
<< 飲み過ぎ ああ >>